大川組が選ばれる理由

50年以上の歴史、道路舗装のプロフェッショナル集団
選んでいただけるからこそ、より一層の品質を。

株式会社大川組は、弊社は創業以来、地元奈良県を中心に、近畿圏内エリアの舗装・土木工事を通して、暮らしの環境整備に努めてまいりました。創業から数えてはや半世紀となりますが、今も変わらない思いは「お客さまに対して迅速に対応する」ということです。当たり前だと思われるかもしれませんが、心の根幹は社員全員が同じ思いです。私どもの仕事はたくさんのお取引先さまとの関係がなければ成り立ちません。だからこそ謙虚さを大事にしています。特に評価をいただけることが多い部分というと、「施工スピードが速いのに、品質がいい」というところです。
上記のようなお言葉をいただくために一番着目しなくてはならないのは、綿密な下調べと顧客との打ち合わせを繰り返し行うことだと大川組は考えています。 そうすることでお客さまとの行き違いによるミスを防止し、そのことがスピードにもつながります。そういったひとつひとつの思いが合わさって、顧客満足度の向上につながると信じ、これからも社員一丸となって「道をつくる・なおす・舗装する」プロフェッショナル集団となりたいと思っています。

ISO9001、ISO14001取得
高い品質管理とコンプライアンスで安心と安全をお約束

高い品質管理とコンプライアンスで安心と安全をお約束 普段の生活と密接に関係している地面の施工をするという意味、そして大川組のスタッフを守るというどちらの意味においても、最も優先されるべきことは安全と安心です。建築業界のみならず、ビジネスの世界全体でのコンプライアンス強化が叫ばれている中、大川組ではこうした流れが顕著になる以前から各工程管理の徹底に努めてきました。
近年ではお取引先さまにおいてもコンプライアンスや安全に対する取り組みの強化が進められており、具体的な方策や第三者機関による評価などが求められることも多くなっています。そこで大川組ではISO9001、ISO14001を取得し、環境への配慮を踏まえつつ、品質工程管理を徹底しております。 工事・施工に安全・安心・配慮が重要視される時代にふさわしい形を、大川組は今後も推進してまいります。

人材育成に自信!資格取得支援制度も充実
常に未来を見据えて、新しい取り組みを続けてまいります。

大川組では人材育成に最も注力しています。というのは、やはり現場で作業を行ううえでも人財力が一番大切だと考えるからです。その取り組みのひとつとして、社員への資格取得支援制度があります。土木建築の業務を請け負うには、多種多様な資格・認定・検定資格が必要となります。大川組では、技術検定(土木・舗装)の資格取得はもちろんのこと、舗装施工管理技術者や重機運転にかかわる資格、その他、場合によって必要となる資格の取得などもきちんと支援できる環境を整えています。
また、2018年度より技能実習生制度を導入し、すでにフィリピン国籍の技術者も現場で活躍しております。大川組は未来に向けた新しい考えや、国の推奨制度などは積極的に採用していくべきと考えています。国境の垣根にとらわれない人材育成のあり方を推進し、時代の変革にあわせて成長していけるよう努力してまいります。